#今回のネタはPythonじゃありませんが、書きとどめておきたいことがあったので。

手持ちのOffice 2010(Excel 2010, PowerPoint 2010等)で、図形を使って網掛け(ハッチング)をしようとすると、図の書式設定から指定できるパターン塗りつぶしがもっともそれらしい機能ですが、透明ではない2色を選ばなければならず、下の絵が隠れてしまいます。

どうやら透過するパターンは安々と作らせてくれない様子ですが、代替案を考えました。

結論から言えば、透過させたい部分を無色とした、透過png画像を用意すればOKです。

 

ハッチングパターンの透過png画像なんて用意してられないよ!という方のために、斜線のパターンを作ってみました。画像を右クリックし、「名前を付けてリンク先を保存」して下さい。

 

 

手順は以下の通り。

ハッチングをかけたい図形を選択し、右クリックから図の書式設定を開く

①塗りつぶしの「塗りつぶし(図まはたテクスチャ)」にチェック

②「ファイル」をクリックしてパターンの透過png画像を指定

③「図をテクスチャとして並べる」にチェック

④「幅の調整」、「高さの調整」を行い、好みのサイズに変更する。

とすれば、下絵の見えるハッチングが可能です。

「透過性」をいじると不透明度を変えることも出来ますし、「反転の種類」をいじるとパターンが少し変わりますので、そちらも試してみて下さい。

上の画像では、下に重なっている図形や文字がパターンの隙間から覗くことができます。

エクセル、パワポで透過する網掛け(パターン塗りつぶし、ハッチング)をする方法