WinPythonで簡単導入

※以前、Portable Pythonの導入法とPyScripterの使い方をまとめていましたが、Portable Pythonの開発終了に伴い、入手が困難になったので、USBにて持ち運びが可能なWinPythonを紹介します。

Portable Pythonの使い方に関する過去の説明はこちらから。

Pythonは日本Pythonユーザ会からダウンロードし、インストールが可能ですが、最低限の機能しかありません。このため、必要な機能は別途ダウンロードしてインストールする必要があります。しかし、頻繁につかうであろう機能を予め一緒にしてインストール可能としているパッケージとして、WinPythonPython(x,y)というものがあります。ここでは、Python 3及び64bit OSに対応しており、さらにUSBメモリでの持ち運びも可能なWinPythonの使い方を説明します。(本ソフトはWindows専用です。)

なお、WinPythonにはPythonの実行環境と、numpyやmatplotlibといったよく使われるモジュール、便利な機能が詰まったIDE(総合開発環境)であるSpyder、GUIアプリ作成のためのQt等がまとめて入手可能です。先述の通り、USBメモリでの持ち運びも可能であることから、ソフトのインストールが出来ない学校やネカフェ等の共用PCで使用することも可能です。

 

WinPythonのインストール方法

注: ダウンロードに200MB超、インストールに1GB超のディスクスペースが必要です。

WinPythonの公式ページのURLは下記に示す通りです。

winpython_title

WinPython (https://winpython.github.io/)

Recent Releasesから最新のWinPython 3.x.x.x (xは何かしらの数字) のDownloadsをクリックし、sourceforgeから自分のPCの環境に合わせて32bitか64bitを選び、ダウンロードします。

 

USBで持ち運ぶなら、どのPCでも動くように32bitが良いと思います。(32bit版は32bit及び64bitのPCで動きますが、64bit版は64bitのPCでしか動きません。)

Qt5の有無は今のところ気にしなくても大丈夫です。執筆時に32bit版では選べませんが、選べるのであれば、将来を見越してとりあえずQt5が有りの方で良いかと。(QtはGUI(ウィンドウを出し、マウスで操作するアプリ)を作るときに必要な機能ですが、なかなかすぐには使いこなせないと思います。なお、Qt5を選ばない場合でもQt4が含まれます。)

ダウンロード後、実行するとファイルの展開にしばらくかかり、その後License Agreement画面になります。

License Agreement

問題なければ I Agreeをクリック。

Chose Install Location

次にファイルの展開先を指定します。場所はどこでもいいですが、例えばPCにインストールするのであればCドライブ直下にWinPythonというフォルダを作って指定するなどして下さい。

Installing

ファイルのコピーにしばらく時間がかかります。コピーが終わったらNextボタンが押せるようになります。

Next

インストールはこれで完了です。Finishボタンを押して閉じましょう。

Completing

 

Spyderの最低限の使い方

基本的な使い方

Pythonのコードを書き、実行するための環境(IDE)として、Spyderが一緒にインストールされました。さっそくSpyderを使ってPythonを使ってみましょう。

WinPythonをインストールしたフォルダから、Spyderを実行します。

Install folder

すると↓のような画面が出てきます。

Spyder

最低限覚えておきたいものは「Run file」と「IPython console」です。「Run file」つまり「実行」アイコンを押すことで、エディタで作成したプログラムを動かすことが出来ます。そして、初期設定のままの場合、実行結果やエラーメッセージはIPython consoleに表示されます。また、IPython consoleでは、直接Pythonのコードを書き込み、動作確認をすることも出来ます。最初からエディタに入っている文字に色がついていますが、これはシンタックスハイライトといって、コードの意味に応じて自動的に文字が色分けされます。便利な機能はたくさんありますが、他は追い追い調べたりして覚えていきましょう。

実行中に処理を中断したくなったら

Spyderでプログラムを実行している時に、処理が遅い、もしくは無限ループに陥った等で中断したくなった場合、IPython consoleの右上の赤い四角(Stop the current command)ボタンを押すことで、プログラムを終了させることが出来ます。

 

Hello World!を出力しよう

プログラムの最初歩、Hello world!プログラムを作成してみましょう。

これはただ、画面にHello World!と表示させるだけのものです。ウィンドウ左上のNew fileアイコン(白い四角)をクリックし、新しいファイルを作成します。既に灰色や緑色の文字が入っていますが、とりあえず全部削除し、以下を書き込みます。

Save fileでファイルを好きなところに保存した後、Run fileアイコン(緑色の三角)を押してみてください。(ファイルを保存しなければ実行できません)

初めて実行する時に、下のようなダイアログが出てきますが、このままRunで大丈夫です。

Run setting

IPython consoleにHello World!の文字が出てくれば成功です。出てこない場合、エラーが出た場合は、コードをもう一度確認してみて下さい。これで、初めてのPythonプログラムは完了です。

 

One thought on “環境を整えよう

Comments are closed.